記事の書き方

【例文付き】ブログのリード文の書き方を5つのステップで解説!

ブログのリード文の書き方
悩んでいる人
悩んでいる人

ブログのリード文がすごく重要らしいけど、なぜですか?
ブログのリード文の書き方について教えてほしいです。

こんなお悩みを解決します。

もちべー
もちべー

この記事を書いた人

この記事を書いた人

僕自身、本記事でご紹介する方法を実践したことで、「ページの平均滞在時間」を大幅に増やすことができました。

今回は、ブログ記事の中でも超重要なリード文の書き方を5つのステップで解説していきます。

記事のタイトルに興味を持ってくれてブログに訪れた読者が、最初に目にするのがリード文です。

もしリード文が適当に書かれていたら、ほとんどの読者は離脱してしまうでしょう。

とはいえ、どうやってブログのリード文を書けばいいのか悩む方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、読者に離脱されない魅力的なブログのリード文の書き方を解説していきます。

また、記事の後半ではリード文の書き方の例文もご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

本記事を最後まで読んで実践することで、ブログ初心者の方でも魅力的なリード文を書くことができるようになりますよ。

ブログのリード文とは?

リード文とは、ブログ記事の書き出し文章のことです。

ブログのリード文のパート画像

上記のように、ブログ記事は大きく3つのパートに分かれています。

ブログ記事のパート

  • リード文
  • 本文
  • まとめ

リード文に書かれている内容は、主に下記の3つです。

  • 読者の悩み
  • この記事で解決できる悩み
  • 記事を読んで得られるメリット

などが書かれており、「ブログ記事の要」といわれるくらい重要なパートになります。

その理由をくわしく解説していきます。

ブログのリード文が重要な理由2つ

リード文が重要な理由は、以下の2つです。

ブログのリード文が重要な理由

  • リード文を見て記事を読み進めるか判断する
  • ページの滞在時間が伸びる

順番に解説します。

理由①:リード文を見て記事を読み進めるか判断する

読者はリード文を見て、記事の内容を理解して読み進めるかどうか判断します。

本記事の冒頭でもお伝えしましたが、リード文は読者がブログに訪れて最初に目にする文章です。

もしリード文を適当に書いてしまうと、読者に「自分のほしい情報と関係のない記事」と思われて、すぐに離脱されてしまいます。

せっかく時間をかけて書いた記事であっても、最後まで読まれないと意味がないですよね。

なので、リード文では「この記事を読むことで悩みが解決できますよ」と読者に伝えてあげるようにしましょう。

理由②:ページの滞在時間が伸びる

ページの滞在時間を伸ばすことは、SEOにとっても重要です。

読者の滞在時間が長いということは、それだけ魅力的なリード文が書かれていることになります。

リード文を読んで「この記事は自分の悩みが解決できる」と思ってもらえれば、読者は記事を読み進めてくれるので、ページに長く滞在してもらえますよね。

ページの滞在時間を伸ばすためにも、リード文の役割は重要になります。

ブログのリード文の書き方5ステップ

ここからリード文の書き方を以下の5つのステップで解説していきます。

リード文の書き方5ステップ

  • 想定読者の悩みを具体的に書く
  • 悩みを解決することを伝える
  • この記事で解決できる悩みをまとめる
  • 悩みを解決できる根拠を伝える
  • 読了後の未来を提示する

上記の5つのステップで、リード文が完成します。

ちなみに当ブログも、この5つのステップでリード文を書いています。

当ブログのリード文画面01

順番に解説していきますね。

手順①:想定読者の悩みを具体的に書く

当ブログのリード文画面02

1つ目は、想定読者の悩みを具体的に書くようにしましょう。

なぜなら、読者は「自分のために書かれている記事」と思って記事に興味をもってくれるからです。

記事の冒頭で悩みを伝えて、読者に共感してもらい、記事を読み進めてもらいましょう。

手順②:悩みを解決することを伝える

当ブログのリード文画面03

2つ目は、悩みを解決することを伝えるようにしましょう。

この時点で読者は、本当に悩みが解決できるのかまだ不安に思っています。

「こんなお悩みを解決します。」や「こんな疑問にお答えする記事を書きました。」と書いてあれば、読者に安心感を与えることができます。

なので、読者に安心して記事を読んでもらうためにも「ちゃんとお悩みを解決しますよ」と伝えてあげましょう。

手順③:この記事で解決できる悩みをまとめる

当ブログのリード文画面04

3つ目は、この記事で解決できる悩みをまとめるようにしましょう。

ここで読者が記事の大まかな内容を把握することができます。

さらに「潜在ニーズ」を満たす内容があると、より読者の興味をひきつけることができますよ。

手順④:悩みを解決できる根拠を伝える

当ブログのリード文画面05

4つ目は、悩みを解決できる根拠を伝えるようにしましょう。

なぜなら、読者が信頼して記事を読み進めることができるからです。

  • ◯◯の専門家
  • ◯◯の資格を保有

上記の2つを加えると、さらに説得力が増して読者に信頼感を与えることができますよ。

悩みを解決できる根拠を伝えることはとても重要なので、必ず提示しておきましょう。

手順⑤:読了後の未来を提示する

当ブログのリード文画面06

5つ目は、読了後の未来を提示するようにしましょう。

記事を読み終えたらどうなれるのかイメージできれば、記事を読み進めるモチベーションが上がって、最後まで読んでもらうことができるようになります。

読者の後押しをする意味でもとても効果的です。

上記の5つのステップを実践することで、読者の興味をひけるリード文が書けるようになりますよ。

もちべー
もちべー

リード文の書き方の例文

ここでは「リード文の書き方5ステップ」で解説した内容で、実際にリード文を書いた例をご紹介します。

リード文の書き方5ステップ

  • 想定読者の悩みを具体的に書く
  • 悩みを解決することを伝える
  • この記事で解決できる悩みをまとめる
  • 悩みを解決できる根拠を伝える
  • 読了後の未来を提示する

今回は「おすすめのプログラミングスクール」という記事を書く前提で解説していきます。

例文①:想定読者の悩み

悩んでいる人
悩んでいる人

プログラミングスクールをネットで調べても、たくさんありすぎて迷ってしまいます。
初心者におすすめのプログラミングスクールを教えてください。

例文②:悩みを解決すると明記

こんなお悩みを解決します。

もちべー
もちべー

例文③:解決できる悩みのまとめ

この記事で解決できるお悩み

  • プログラミングスクールの事情は?
  • おすすめのプログラミングスクールは?
  • 失敗しないスクールの選び方は?

今回は、初心者の方におすすめのプログラミングスクール10社をランキング形式でご紹介していきます。

例文④:悩みを解決できる根拠

僕自身、今回ご紹介する10社の中から自分にピッタリのスクールを見つけることができて、今では年収200万円UPすることができましたよ。

例文⑤:読了後の未来

本記事を最後まで読むことで、プログラミング初心者の方でも自分に合ったおすすめのスクールを見つけることができますよ。

上記の例文と本記事のリード文をを使って、読者に本文へ誘導するリード文を書いていきましょう。

まとめ:魅力的なリード文を書いて読者を本文へ誘導しよう!

今回は、ブログ記事の中でも超重要といわれている「リード文の書き方」を5つのステップで解説してきました。

いくら時間をかけて記事を書いたとしても、リード文が適当であれば読者はすぐに離脱してしまいます。

せっかく書いた記事を最後まで読んでもらうためにも、魅力的なリード文を書いていきましょう。

リード文が書けたら、次に本文の書き方に進みましょう。

具体的な本文の書き方を、下記の記事でくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね

関連記事
ブログ記事の書き方
ブログ記事の書き方のコツ10個をテンプレート付きでわかりやすく解説

続きを見る

もう一度ブログの手順を確認したい方は、下記もあわせて読んでください。

あわせて読みたい
ブログの始め方完全ロードマップ
ブログの始め方完全ロードマップ!月5万円稼ぐまでの手順6つを解説【全32記事】

続きを見る

今回は以上です。

  • この記事を書いた人

もちべー

副業ブロガー2年目|もちべーブログ運営|未経験から収益5桁達成|【経歴】家電業界17年目▶︎副業歴6年目|副業は5ジャンルほど経験してトータルの収益は300万円超|もちべーブログではWordPressの開設方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトのやり方などブログ初心者の方にわかりやすく発信中

-記事の書き方